遺言書について

相続紛争事件の解決にいたるまでの流れをフローチャートにしてみました。紛争の場面は様々で,下記のような解決ルートとなります。詳しくは,弁護士にご相談下さい。

遺言書を作成するのは何故?
 相続が起きると,不幸なことに,仲の良かった兄弟が,些細なことで争いになることがあります。
 しかしながら,遺言があると,争いがあっても話し合いで解決するケースが沢山あります。

 兄弟で争いになるのは,「故人の意思は○○だった」ということで,言い合いになることが多いからです。
 遺言書さえあれば,多少不満が残っても,故人の意思ということであきらめがつくことも多いのです。

 遺言書を作ることは,そう言った意味で,残される相続人に対する暖かな配慮と言えるのです。

 以下のような場合には,特に遺言書の作成を考えておいて下さい。

 内縁関係の妻に財産を残したいとき。
 子どもがいない場合に,兄弟姉妹に財産は残さず,妻に全財産を残し
   たいとき。
 相続人が誰もいないとき。
 離婚協議中で,財産を相手方に相続させたくないとき。
 認知していない子どもに財産を残したいとき。
 お世話になった人に財産を残したいとき。
 特定の相続人に財産を残したくないとき。

遺言書はどうやって作成する?
■自筆証書遺言
 ともかく,すぐに作成したいときには,「自筆証書遺言」をおすすめします。
 自筆証書をするには,以下の3つを守って下さい。

@全文自筆で書くこと。
A日付とお名前を書くこと。
B押印をすること。

 書くものは,便せんでも,ノートの切れ端でも構いません。
 ただし,自筆証書で書くときは,よほど内容に気をつけないといけません。死亡後に,第三者が意味がわかる内容でないと無効になります。
 もっとも,自筆証書遺言をしたら,出来れば,その後に同じ内容の「公正証書遺言」をすることをお勧めします。
 自筆証書の場合には,本当に故人が書いたのか?等で争いが生じる可能性が高いからです。

■公正証書遺言
 公正証書遺言は,遺言の内容を公証人に聞き取って貰って,公正証書という形で遺言を残すものです。
 公証役場に,遺言の内容を伝えて予約をしていけば,作成してくれます。
 相模原の公証役場は,以下にあります。

〒252-0231
 相模原市中央区相模原4−3−14 相模原第一生命ビルディング5階
 電話:042−758−1888 地図はこちら 

■遺言書は何度でも書き換えられる
 また,遺言書は,一度書いたら絶対のものではなく,自分の意思に応じて,何回でも書き換えができます。
 その場合には,最後の日付の遺言書が有効になります。
 そのために,遺言書に日付の記載は必須なのです。

■当事務所では,最適の遺言書を作成します!
 当事務所にご依頼いただければ,丁寧な相談のうえ,遺言者の意思を十分に勘案した公正証書遺言を作成します。
 また,弁護士を遺言執行者に指定しておけば,死後の相続事務処理もスムーズです。
遺言書があれば,全財産を貰える?
 遺言書があっても,兄弟姉妹以外の相続人には最低限の取り分があります。法律的には「遺留分(いりゅうぶん)」と言います。

 具体的には,法定相続分の1/2が遺留分とされています。その限度で,遺言書にも限界があります。
 詳しくは,遺留分のページをどうぞ。




【裁判所前主事務所(駐車場5台完備)】
〒252-0236 相模原市中央区富士見6-6-1 大賀ビル204
TEL 042-756-0971 FAX 042-756-0973

【相模大野駅前弁護士事務所(駅徒歩4分)】
〒252-0303 相模原市南区橋本8-10-4-201
TEL 042-705-2877 FAX 042-633-0962
【橋本駅前弁護士事務所(駅徒歩4分)】
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-19-17-702
TEL 042-703-6333 FAX 042-703-6337
主事務所ホームページはこちら
相模大野駅前弁護士事務所ホームページはこちら
橋本駅前弁護士事務所ホームページはこちら
相模原 債務整理・自己破産相談室はこちら
相模原 交通事故弁護士相談室はこちら

042-756-0971
相模大野TEL(月〜金)
042-705-2877
橋本駅前TEL(月〜金)
042-703-6333
夜間・休日予約TEL
050-3633-0971



裁判所前 主事務所
(駐車場5台有)

相模大野駅前弁護士事務所
(駅徒歩3分)


橋本駅前弁護士事務所
(駅徒歩4分)